社会福祉法人巨勢保育園

文字の大きさ
電話でのお問い合せは
0952-26-4247
HOME > 園からのおたより > 今月の園だより > クラスだより

園からのおたより

今月のえんだより

クラスだより

 先月は寒天での感触あそびを楽しんだつぼみ組さん。お手々でにぎにぎしたり、足で踏んでみたりと、ひんやりした寒天の感触を全身で感じて喜びました。子どもたちの笑顔がたくさん見られた寒天あそびでした。また最近は、子どもたち同士で関わる姿が見られるようになりました。自分から近付いて行き、顔や体に触れたり、顔を見合わせて微笑み合ったりと和やかな場面もあれば、お友だちの持っているものが気になり、取り合いになってお互い自己主張することも…。そのような関わりをゆったりとした気持ちで見守り、時には仲立ちをしながら、子どもたちの成長に関わっていきたいと思います。

 天気がいい日は水あそびを楽しんだ子ども達。水を入れたタライを用意するとじょうろやバケツで「じゃー!」と水を流したり、中に座って友だちと「気持ちいいね」と会話をしたりして遊ぶ姿が見られました。また、ゾウさんのスプリンクラーもお気に入りの子ども達は、そっと近づいては水がかかると大喜びで離れ、また近づいて…と水がかかる心地良さを何度も楽しんでいました。今月は運動会があります。初めて参加する子も多いですが、泣かずに楽しんでくれると嬉しいです。

 毎日暑い日が続きますが、元気いっぱいなちゅうりっぷ組さん。買ってもらった水着やプールバックを嬉しそうに手に持ち、「今日水遊びある?」と水遊びを毎日楽しみにしていた子どもたちでした。水遊びの日には、水風船やじょうろを使いながら友達や保育士と一緒に夏ならではの遊びを楽しむことができました。 また、室内では最近、かき氷屋さんごっこが人気の子どもたち。店員さんやお客さんになりきり、「いらっしゃいませ〜なににしますか?」「これください」などごっこ遊びの中で友達とのやり取りが見られ、微笑ましく思います。なかにはお部屋にあるバンダナやエプロンを見つけてくると、保育士に「これつけて〜」とすっかりお店屋さん気分を味わっている子どもたちです。今月もまだまだ残暑が続くようですが、一人ひとりの体調に気を配りながら、運動会に向けて楽しく体を動かしていきたいと思います。

 夏の暑さを吹き飛ばすほど元気いっぱいのすみれ組さん。登園するとすぐに「今日は水遊びできる?」と保育士に尋ね、持ってきたプールバックを嬉しそうに見せてくれていました。水遊びでは、全身で水の心地よさを感じダイナミックに楽しむ姿が見られました。先日、お部屋で椅子取りゲームをして楽しみました。「ミュージックスタート!」の掛け声で始まり、曲が止まると急いで座る姿はとても真剣そのもの、座る事が出来ず悔しがる姿、残念がる姿など様々な姿が見られましたが、遊びを通して少しずつルール守り、活動を楽しむ事が出来ればなと思います。今月は運動会に向け、運動遊びやダンスなどを取り入れ体をたくさん動かして楽しんでいきたいと思います。

 気温の高い日が続いていますが、室内でも元気いっぱいの子ども達。戸外では、鉄棒に興味を持ち始め、「やってみたい」と私たちを誘いに来ては前回りに挑戦しています。笑顔で回れる子どもや、恐怖心を持っている子どもなど、反応は様々ですが日々鉄棒に触れる機会を作って取り組んでいます。友だちの姿から刺激をもらったり、声を掛け合ったりしながら意欲を高めていけるように援助していきたいと思います。また、できた喜びが自信や達成感を味わうことに繋がってくれると嬉しいです。 今月も引き続きこまめな水分補給や休息を取りながら、運動遊びや製作などを楽しんでいきます。

 先月は子ども達がさくら組の行事の中でも特に楽しみにしていたお泊まり保育がありました。お家の人と一緒に荷物を準備して、保育園にリュックサックを持ってきた日から毎日のようにお泊まり保育の話題が聞かれ、当日を心待ちにしていたさくら組さんです。クラスに予定表を貼り出し、みんなで流れを確認していると「お風呂の時は…②の袋!」「(1日目の)最後に花火をするんだね!」と出発前によりイメージが膨らみ、期待も高まっているようでした。自然いっぱいの中であそび、自分のことは自分でしながら過ごした2日間。友達との絆が深まり、生活面でも一つ成長できたのではないでしょうか。今月は運動会があります。自分なりの目標をもち、友だちと力を合わせて、運動あそびや組体操に取り組んでいきたいと思います。