社会福祉法人巨勢保育園

文字の大きさ
電話でのお問い合せは
0952-26-4247
HOME > 園からのおたより > 今月の園だより > クラスだより

園からのおたより

今月のえんだより

クラスだより

 先月は、プール遊びや寒天あそびなど夏ならではの遊びを楽しんだつぼみ組さん。初めてのプール遊びでは、水に触れることに戸惑い、涙を浮かべる姿も見られましたが、慣れてくると自分から水を被る姿が見られるようになり、水の感触を十分に楽しむことが出来ました。また最近は、友だちとの関わりも見られるようになりました。お友だちの顔や体に触れてみたり、じ~っと目を合わせては微笑みあったりと和やかな場面もあれば、お友だちの持っている物が気になり、お互いに自己主張をし、取り合いになる事も、、。そのような関わりを大切にしながらも、時には仲立ちをして、子どもたちの成長に関わっていきたいと思います。

 先月はプールあそびを楽しみました。水遊びが大好きなばら組さん!水鉄砲に水を入れてシュー!っと出してみたり、パシャパシャと水をたたいたりとニコニコ笑顔で楽しむ子ども達の姿が見られました。お部屋では氷や寒天で冷たい感触あそびをしました。ひんやりと冷たい感触に「つめたいね~」と喜びたくさん触っていた子ども達です。 今月はダンスや運動あそびを取り入れ、一人一人の体調にも気を配りながら楽しみたいと思います。

 夏の日差しに負けないくらいに、プール遊びで水の心地よさや気持ちよさを感じていた子ども達。また、寒天や片栗粉を使っては”つるつる””ぷるぷる””とろとろ”などの感触あそびを楽しみました。遊びや経験の中で、一人一人がイメージしたことを、知っている言葉にして友だちや保育士に伝えたり、やりとりをしたりして楽しむ姿が見られました。子ども達のイキイキと遊びこむ姿に、これからも楽しい遊びの環境を作っていきたいと思います。運動会に向けて、たっぷりと体を動かす楽しさも味わっていきたいです。

 カブトムシに興味津々のすみれ組さん。虫かごから出して木登りをさせたり、餌を交換したりと、日々カブトムシに触れることを楽しんでいます。最近では『強く押したらだめだよ』『休憩させよう』などと思いやる姿も見られるようになりました。先月、カブトムシが卵を産み、白くて小さな卵に関心を寄せながら、卵の成長を心待ちにしている子ども達。無事に孵化できるよう、子ども達と大切に見守っているところです。 不安定な天気が続いていますが、戸外で十分体を動かす時間もつくっていけたらなと思っています。

 先月からお部屋でもカブトムシを飼い始め、毎日えさやりや水やりをしながら大切に育てています。「ゼリー食べてる!」「木に登ってるよ!」などお友達との会話を楽しみながら、カブトムシの成長観察に夢中の子どもたちです。 また、天気の良い日にはプール遊びも楽しみました。手作りのペットボトル水鉄砲でお友達や先生と水をかけ合いながら楽しむ子どもたちの姿が見られ、全身を使って水の心地よさを感じることができました。 今月は、鉄棒に挑戦したり、運動あそびを楽しんだりしながら季節の移り変わりを感じていければと思います。

 先日は子どもたちが楽しみにしていたお泊り保育がありました。「夜ごはんはなにかな?」「花火はやくしたいね!」と毎日のように友だちや保育士と会話を楽しみ、期待が膨らんでいた子どもたち。おうちの方と一緒に準備したリュックの中身も嬉しそうに見せ合う姿が見られました。当日は、ロードトレインに乗ったり、花火やナイトハイクをしたり…友だちと過ごした二日間でさらに絆が深まったようです。また「自分のことは自分で」という気持ちを持って生活していく姿に成長を感じることができました。この貴重な経験を通して深まった絆で、運動会に向けて曲太鼓や組体操の練習を頑張っていきたいと思います。