社会福祉法人巨勢保育園

50周年

文字の大きさ
電話でのお問い合せは
0952-26-4247
HOME > 園からのおたより > 今月の園だより > クラスだより

園からのおたより

今月のえんだより

クラスだより

 

シール貼りやクレヨンでのお絵かきが大好きなつぼみ組さん。指先も器用になり、自分で台紙からシールをはがしてペタペタとシール貼りを楽しむ子どもたちの姿や、クレヨンを上手に握り、様々な色を使ってお絵かきを楽しむ子どもたちの姿があります。生活面では、自分でズボンを脱いだり履いたりする子どもの姿が見られるようになり、高月齢児ではパジャマのボタンに挑戦する姿も見られます。“自分でしたい!”という気持ちを大切に受け止め見守り、たくさん褒めていきたいと思います。


先月は絵かるたや凧揚げ、福笑いなどのお正月遊びで楽しんだばら組さんです。「カードしたい」と絵かるたで繰り返し遊ぶうちに、高月齢児は自分たちで並べたりカードの絵を読んだりする姿も見られます。生活の中で経験したことを、いろいろな言葉を使って表現することが増え、ごっこ遊びでのやり取りは楽しいひと時です。ままごとのおもちゃをお皿に入れて、「はい、ごはんできたよ~」「まだ熱いからちょっと待っててー」「公園で食べよう」などと保育士とのやり取りを楽しんでいます。インフルエンザや風邪が流行していますが、天気の良い日は戸外に出て冬の自然に触れながら、たくさん体を動かして元気に過ごしたいです。


友達と一緒に遊ぶことが好きなちゅうりっぷ組の子どもたち。朝、ふとした時に「○○ちゃんまだかな~。」とつぶやくことがあり、お友だちが来るととっても嬉しそうな笑顔で遊びに誘う姿があります。お外では、保育者も一緒に加わり、ルールの簡単な鬼ごっこやかくれんぼをして楽しんでいます。かくれんぼでは、鬼役の子が10数えるのですが目を覆っている手の隙間からこちらを見ていたり、隠れる時もみんな一緒の場所に隠れて、はみ出してしまって一気に見つかってしまったり…笑。それでも「もういいかい」「もういいよ」のやり取り、鬼がちゃんとみんなを見つけるというルールは守って楽しんでいます。その姿が可愛らしく思わずクスリと笑ってしまいます。まだまだ寒い日が続きますが、うがい手洗いをすることをしっかりと声掛け、今月も寒さに負けず、元気に遊びを楽しみたいと思います。

1月は色々な正月遊びを楽しんだすみれ組さん。中でも子どもたちに人気があったのは、かるた取り!自分の名前と同じ文字を見つけて喜んだり、一通りのひらがなが読める子は、読み手にまわったりしてあそぶ姿が見られました。また行事の製作では、折り紙や毛糸、すずらんテープなど様々な素材を用意すると「これがいい!」と自分で好きなものを選び、意欲的に製作へと取り組んでいた子どもたちです。はさみを使って少し小さいパーツを切るのも段々と上手になり、出来ることに自信を持っているようです。描いたり、作ったりすることが大好きな子どもたちは製作の面でもたくさんの成長を見せてくれました。今後は進級に向けて、生活面を見直しながら過ごしていきたいと思います。

寒くても「外であそぶ!!」と元気いっぱいのもも組さん。最近は鬼ごっこだけでなく、長縄、サッカーなど全身を使った遊びを楽しみ、しばらくすると「あったかくなってきた~」と言う声が聞こえています。たくさん走ったら暑くなることに気づき、友だちを誘って園庭を走り回る姿も見られました。正月遊びでは、ビニール袋で凧を作り、園庭を走り回って凧揚げをしたり、カルタをしたりして楽しみました。かるたでは、ルールを覚え、勝ったり負けたりしながら夢中になっていた子どもたち。あそびの中で文字に興味を示し、自分の名前以外の文字も読めるようになってきました。まだ寒い日が続きますが、丁寧な手洗い、うがいで風邪予防に努め、健康に過ごしていきたいと思います。

先月はキンダー音楽祭に向けて、楽器や和太鼓の練習に励んでいたさくら組さん。日々の練習の積み重ねにより、友だちと音が合う喜びを味わったり、難しいところが少しずつ演奏出来るようになり達成感を感じたりする子どもたちの姿が見られました。今月はいよいよキンダー音楽祭本番です!今までの練習の成果を十分に発揮し、楽しんで演奏が出来たらと思います。また、保育室では色水遊びが盛り上がり、小さなペットボトルにカラフルな色水を入れて遊んでいた子どもたち。女の子数人は、綺麗な色水をジュースに見立てて、2階ホールの前にカフェをオープンしました。お店には、ジュースやパフェなどの商品だけでなく、くつろぐことのできるソファや待つ間に読む本まで準備されているのです。今月も、子どもたちのやりたい遊びを大切にしながら、楽しく過ごしていきたいと思います。  

  •